読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「竹取物語の舞台が京田辺市」森 浩一先生に賛同して頂いている。

竹取物語の舞台が京田辺市」森 浩一先生に賛同して頂いている。

 右をクリックすると見られます。→  http://taketori.koiyk.com/take-sandou.html
森 浩一さん…京田辺は『竹取物語』が熟成した場所・・原型は隼人の伝承 -

文学的に集約- 。」
 歴史シンポジウム「いま南山城の古代史がおもしろい」で、「京田辺は『竹取

物語』が熟成した場所として自信を持っていい」と発表、主催:京都新聞社、平

成12年9月23日。竹取物語のルーツ「京田辺市は自信を持って『かぐや姫の

里』と言っても何ら学問的に不思議はない」。森浩一氏は、この地に竹の文化を

持ち込んだ隼人達の伝承が原型となって、後に一つの文学に集約されたのではな

いかとしている。
 森氏紹介-考古学研究の第一人者。考古学界の第一人者。同志社大学大学院文

学研究科修士課程修了。同志社大学名誉教授。専攻:日本考古学 日本文化史学

。著書:『日本神話の考古学』『記紀の考古学』『語っておきたい古代史―倭人

・クマソ・天皇をめぐって』他多数。