読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠す島津論文(福島原発)第3次世界大戦、不正選挙や世界の秘密 2015.6.1

隠す島津論文(福島原発)第3次世界大戦、不正選挙や世界の秘密 2015.6.1
島津論文(福島原発事故の原因)_Secret US-Israeli Nuke Transfers Led To Fukushima Blasts
   【YouTubehttps://youtu.be/Se-6QCQmQmU
不正選挙や福島原発汚染値ごまかしで隠す島津論文 2014/12/6(土)  
   https://youtu.be/ybZy5q0TwKc
 【YouTubeから】  mirai2012   4 か月前  
        http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3002.htmlより
それは、こうです。
福島第一原発を破壊しようという計画は、
「2003年に、小泉内閣の決定によって蒸気凝縮系機能」が、わざわざ10億円をかけて外された」ときに、その片鱗をのぞかせていたのです。攻撃の下準備は、2003年から始められていたということです。あとは、好きな時に最適にコンピュータ・ウィルスを流し込めばいいだけ。マグナBSPのヘッドクォーターで訓練を受けていた2名の隊員でもできるでしょう。
これは確認が取れないことですが、この記事で「小泉純一郎とブッシュとの間には、福島を核の最終処分場にしようという日米の密約があった!?」という情報を紹介しています。
すべては、ここから始まった・・・
つまり、ブッシュ、チェイニーらのネオコンも、イスラエルも、グルだったということです。
騙されたのは、相変わらず日本の政治家、小泉純一郎安倍晋三だということです。
しかし、福島第一原発事故が起こった後の両者の身の振り方は、鮮やかなコントラストを描いているようです。
安倍晋三は、「CSISに帰ってきました」と言いました。
小泉純一郎は、「脱原発」を叫んでいます。
しかし、この両者は、実は同じゴールを目指しているのです。
それは「核の最終処分場の建設を急ぐ」ということです。
そして、安倍晋三は再稼動、核燃料サイクルの継続へと突き進み、軍事利権を掌握するでしょう。
片や、小泉純一郎は、自然エネルギー関連企業から原子力エネルギーとの攻防戦が激しくなる中、寄付金の額を増やすことができるでしょう。
99%の人が知らないこの世界の秘密 彼らにだまされるな! 内海聡 イースト・プレス 読み上げ
   https://youtu.be/pZG_VclCPc4
マレーシア機撃墜事件は、第3次世界大戦を勃発させたい勢力の犯行だ(副島隆彦
   https://youtu.be/wXoBluotfTc
52兆5400億円!たった四ヶ月で安倍政権が海外にばらまいた税金、米国借金のために消費税増税、アベのミクス。詐欺のミクスですよね。
  不正選挙の噂話はあちこちで発生している上、ここまでYouTubeで公表していて明確な不自然さが判っているのに、何故国は徹底調査をしないのだ?手間やコストがかかるとか言っている場合じゃない?
  諸君は
 1.コピー機でコピーして差し替え(同筆跡多数票)。
  2.運送中に投票箱を指し変える!
 3.開票場近くで車に積んだ当確出るまで降ろさず。
  4.しばらく止まったままで何処かへ移動し戻らず。
  5.集計機ムサシのソフトを改ざんして当確発表。
そんな具合で不正選挙が定着してしまっている!?
国家としての致命的な損失があることすら理解できないバカなのだろうか?
  それでは民主主義が崩壊している、 国民総動員で運送中の投票箱を追跡しよう!! 不正はある! だから投票場へ行って双眼鏡でみて、ビデオで収録し不正を公表しよう。
 開票数を数えて数字が合っていてるか国民みんなで監視する必要ある。